知らなかったでは済まされない、相続のあれこれ

そもそも相続税はどんな時に課税されるのか?

相続税とは、両親が亡くなるなどで財産を相続した時に課税される国税のことです。遺産が多いか少ないかによって税額は変わりますが、必ずしも納税しなければならないという税金ではありません。
相続税は「基礎控除額」があり、遺産の総額から葬式費用や借金をひいた課税価格が基礎控除額より低ければ申告はしなくてもよいものです。
基礎控除額は、配偶者や子供などの法定相続人の数に600万円を掛けたものに3,000万円を加えた計算式で算出されます。亡くなった人は「被相続人」と呼ばれます。被相続人が不動産を持っていたり、多額の退職金を受け取っていたりすると課税される可能性が高いといえます。
この基礎控除額を超えた場合に、相続税の申告や納税の義務が発生します。

相続税には縁がないと思っていませんか?

相続税の申告と納税は、被相続人が亡くなった日から10か月以内に行います。10か月の間に遺産を確認して協議をし、申告と納税を行わなければなりません。相続税の税率は遺産の額に応じて10%~55%と税金の中では比較的高い税率となっています。
給料から天引きされる所得税や住民税、買い物をするたびに発生する消費税などと比べると、相続税は他人事と思っている方は多いのではないでしょうか?実は、平成27年から基礎控除額が下がったこともあって、相続税が課税される人が増えています。相続税は身近な税金となりつつあります。相続税がかかることを知らないでいると、申告や納税の期限に間に合わず延滞税がかかる可能性があります。いざという時のために相続税について知っておきたいものです。

生前贈与の税金は、少しでも税を減らしたい場合には安く抑えられるものとなっていますので、節税をしたい方には必須です。

© Copyright Inheritance Of Tax. All Rights Reserved.