相続税対策、ここだけは知っておきたい!

相続税対策に有効な生前贈与とは?

相続税対策の方法には、生前贈与を活用したものがあります。生前贈与を活用した相続税対策は、手軽に行うことができるので多くの人が実行している相続税対策の一つです。生前贈与を活用する方法は、さまざまな種類がありますが、最もポピュラーなものは毎年110万円以内の贈与を実施することです。年間110万円までであれば基礎控除額にあたるため、相続税はかかりません。したがって早いうちから110万円ずつ子供に贈与すれば無税で資産を移転することも可能になります。
孫などがいる場合は教育資金贈与をすることによって、無税で贈与することができます。教育資金贈与は1500万円の範囲内で行うことができ、金融機関などのサービスを利用することになります。

生命保険を利用した相続税対策とは?

生前贈与以外にも相続税対策には、生命保険を利用した対策があります。生命保険に加入して、死亡保険金を受け取る場合、500万円×法定相続人の人数まで相続税が非課税になります。この制度を利用するためには、非課税枠を満たすような生命保険に加入することが大切で、「一時払い終身保険」という保険商品を選びましょう。一時払い終身保険は、保険金を支払うことによって終身に渡り保険金額が保証されるので、元本割れの心配もなく、リスクが少ない節税対策といえるでしょう。高齢であっても加入できる生命保険は多数あるので、相続税対策のために検討してみることも大切です。高齢で入れる生命保険が多くあるといっても、加入時に90歳を超えてしまうと加入できる生命保険は原則ないので、早めの対策が肝心です。

相続税の税理士を川崎で探してみると、とても多くの税理士を見つける事が出来ます。優秀な人材が多い地域です。

© Copyright Inheritance Of Tax. All Rights Reserved.